ヒアルロン酸の効果

ヒアルロン酸の効果を調べるなら格安通販!豊富なヒアルロン酸商品ラインナップで激安ショッピング!!
stmx

格安通販総合ショップ美容格安通販総合ショップ>ヒアルロン酸の効果>ヒアルロン酸
ヒアルロン酸商品の紹介ページへ

ヒアルロン酸の効果とは?
ヒアルロン酸の効果

ヒアルロン酸は、健康食品や美容食品、化粧品、医薬部外品の添加物として、また、医薬品の主原料として使用されています。特に化粧品、医薬品ではその特性が活かされています。
赤ちゃんの肌がみずみずしく、はりがあるのはヒアルロン酸を多く含んでいるからです。
保水力に優れるヒアルロン酸は、皮膚の潤いを保つ化粧水、スキンクリーム、入浴剤などに使用されています。また、洗口液、洗眼液にも含まれています。


特性
さまざまな分野で使用されているヒアルロン酸は、以下のような性質を持っています。
優れた保水性
ヒアルロン酸は1gあたり6,000mLの水を保持することができ、生体の水分を保つ上で重要な働きをしています。
加齢と共に減少
からだの中のヒアルロン酸は、成長とともに減少していきます。例えば、大人の皮膚に含まれるヒアルロン酸の量は、赤ちゃんの20分の1と言われています。

粘弾性物質
ヒアルロン酸の水溶液は、無色透明でにおいはありません。また、粘弾性物質と言われており、非常に高い粘性があることも特徴でネバネバしています。ヒアルロン酸の粘度は、濃度や分子量(一つ一つのヒアルロン酸の長さ)によって異なり、濃度が高く分子量が大きいヒアルロン酸は、ジェルのようにドロっとしています、この粘性を化粧品と組み合わせることによって、使用感が大変滑らかになることがわかっています。しかも角質を柔軟にする働きもあり、スベスベで、柔らかな潤いある肌になるのが特徴です。
● どこにあるの?
人間の体では、水分の多い組織、つまり、皮膚や関節液、へその緒、心臓の弁膜、大動脈、腎臓、眼球に存在していることがわかっています。 また牛や鳥など他の動物にも存在しています。 逆に動物にしか存在していません。 ヒアルロン酸は、各組織に存在して、保水性により細胞間にたっぷり水分を蓄える働きやや弾力性によりクッションの働きをしたり、粘性と滑らかさにより関節などの潤滑剤になったりしているわけです。

なぜヒアルロン酸
ヒアルロン酸は水分保持に絶大な効果があることはわかりました。
ではなぜ、ヒアルロン酸を取る必要があるのでしょうか?
ズバリ!老化の予防、アンチエイジングのためです。
老化とは、水分の減少である、つまりからだの中の水分保持が加齢と共に減っていくことこそ老化なのです。赤ちゃんの肌を見てください。ピチピチ、プリプリでみずみずしいと思いませんか?みずみずしい、つまり水がたくさん詰まっているのです。加齢と共に水がなくなる、 乾燥する=カサカサする=肌の張りがなくなる=たるむ=シワができる ということになってきます。
40才以上ぐらいの女性は、 ほとんど同じ悩みを持っているそうです。
ある研究結果では、生まれた時を100%とすると40才代で水分保持能力は半分以下に落ちてくるということです。 何もしないと、どんどん老化が進んでいくということです
● 朝、化粧ののりが悪くなってきた ● ファンデーションを塗っても毛穴がボコボコする ● 目の下のクボミや落ちこみが気になる ● 昔の写真を見たときに、パーツが違って見える ● 朝、シーツのあとがなかなか取れない ● 肌がしぼんだ様に感じる ● 唇に潤いリップが必要になった ● 化粧を落とすと急に老けた表情になる。 ● 近くから顔の肌を見られるのことに、抵抗がある。 ● 口元の周りが粉をふく。 ● 鏡を見て「疲れているな〜」って思うときが増えた
このような悩みをヒアルロン酸が ほぼ解決してくれるという事実がわかったのです。 人間の皮膚の保湿能力は、皮膚の内部にある真皮部分の ヒアルロン酸含有量で決まります。 つまり先ほど説明させてもらったとおり、40才代以降に、 水分保持率が極端に落ちるということは、からだの中の ヒアルロン酸の量が極端に減ってしまっているということなのです。 だからその足りなくなった分のヒアルロン酸を 補給してあげればいいのです。
「 乾燥肌対策の基本は、お肌の中にある成分、 ヒアルロン酸が鍵を握っているのです

● ECM-Eとは何か?
ヒアルロン酸が体内から吸収されるように 鶏のトサカから酸素分解による特殊な製法で抽出-加工し、 低分子化したもので、 ヒアルロン酸吸収用食品(食用のヒアルロン酸) などを主成分とした物質群のことで、これをECM-Eといいます。 ECM-Eは、純粋なヒアルロン酸ではなく、 ヒアルロン酸以外にもコンドロイチン硫酸や コラーゲンをはじめその他のムコ多糖を含んでいます。 これには、深い理由がありまして、 ヒアルロン酸やコラーゲンなどが共有結合することで 相乗効果が生まれ、効果が促進、倍増されるんです。 なぜ、ECM-Eなのか? これは、先程もお話した通り、低分子にすることで 通常では、お肌や体内から吸収されることのないヒアルロン酸を 飲んで吸収できるようになったこと。 そして、吸収されるようになったことで、 効果も現われ、他のムコ多糖と比較してみても、 はるかにその効果が高くなっているからです。
ヒアルロン酸のおすすめ
ヒアルロン酸商品の紹介ページへ
関連情報
・サプリメント
・デトックス
・L−カルチニン
・アミノ酸
・コエンザイムQ10
αリポ酸
・ヒアルロン酸
・寒天
・しそ
・ゴマ
・ざくろ
・サジー
・ガジュツ
・セルライト
・足やせ
・バストアップ
・肌
・フットケア
関連商品
ヒアルロン酸
コラーゲン
肌サプリ
フットケア
アンチエイジング
プロポリス
ボディケア
お勧め商品